家庭でできる 簡単フレンチ
BistroParmentier
びすとろ ぱるまんてぃえ
 高田 圭 オーナーシェフ 

火加減で決まる サクサク感

食べてしまうのが勿体なくなる繊細な盛り付けと、野菜いっぱいの健康に配慮した
「あっさり味」で女性や年配の方に人気の
“びすとろ ぱるまんてぃえ”
味の秘密にせまってみました。ちょっとした気配りと、工夫のエッセンスが
“ぱるまんてぃえ”の人気の秘訣です。
まずはご家庭でお試しください。

関連ページ

鰺のエスカベッシュ
1、ぜいごを取る
2、腹を裂き、水洗いしながら指でハラワタを取り、頭を落とす。
3、3枚におろす。
4、腹骨を切り落とし、中骨をぬく(鯵の骨が硬くて太いので丁寧に作業する)
下こしらえのすんだ材料

鯵 4匹
たまねぎ1/2個
にんじん1/2本
タカのつめ 1本

オリーブオイル
(サラダオイル)
ワインビネガー
(お酢)
塩・コショウ・粉

5、たまねぎをスライス、にんじんは千切り
6,塩コショウを両面にふり、粉をまぶす。
7、180度に熱したオリーブオイルで鯵をカリっと揚げる

※充分加熱しておくこと、泡の大きさが小さくなり、音がしなくなればOK!
さっと取り出し油きりをしておきます。

7、鯵揚げに使った油を30cc入れ、タカのつめを熱し辛味をだす。
辛みの好みは熱し時間で調整し、取り出す。
最初ににんじんを炒め、たまねぎを加え、たまねぎが透き通るまで炒める。
8、ワインビネガー80ccを加える
(ご家庭ではお酢でOK)
水40ccを加え煮込み、塩コショウで味を調える。
9、揚げ油を100ccをかける。
10、油切した鯵をバットに並べ、ソースをかけ漬け込む

温かいままでも
冷やしてもおいしくいただけます。
びすとろ ぱるまんてぃえ 紹介ページはこちら
レシピインデックスに戻る