今回は年末に向けて、おせち料理のルーツに迫ってみました
土士田手作りおせちの中からいくつかご紹介させて頂きます。
新年を迎え、祝う
おせち料理のルーツを
ご紹介いたします。
一品一品の料理に込められた
想いを噛みしめ、
素敵な一年をお迎えください。

「おせち」

おせちは漢字で『御節』と書かれ、
古代より朝廷で使われている「御節供」(おせちく)の略です。

「御節供」(おせちく)とは、朝廷の節日に行われる宴,「節会」(せちえ)の席で振舞われる御馳走の事。
のちに正月の祝いせんをおせちというようになりました。

おせち本来の姿は蓬らい飾りにあり、
三方に白米、のしアワビ、かちグリ、コンブ、ホンダワラ、串ガキ、ウラジロ、ユズリハ、ダイダイなどの縁起物を供え、

これらを年神へお供えしてから下げて、神とともに食して祝うことを直会(なおらい)の儀といい、
これがおせち料理とされています。

土士田のおせち料理


予約受付中 
(定数になり次第終了です。)
お引渡しは12月31日

おせち料理詳細はこちら
丹波大黒豆
家族みんなが今年も1年、まめに暮らし、まめに働けるように願った一品です。
一口昆布巻き
昆布は昔「広布(ひろめ)」と言われた。ひろめは「広がる」昆布は「喜ぶ」にかけて、福が 授かるとされた欠かせない一品です。
桜んぼ
さくらんぼうは一対になっていることから、
夫婦仲良く暮らせるようにという意味が込められています。
かきしぐれ煮
かきは『賀喜』と言う字を当てたり、
『福をかき寄せる』と言って縁起のよい食べ物とされています。
特大おたふく豆
お多福はそらまめの一種で、形がふくよかなお多福の顔に似ているところから、
多くの福を招来するという縁起の良い食べ物として祝い事に喜ばれます。
数の子
数の子にたくさんの卵があることから子孫繁栄、数々おめでたいとの意味が込められています。
豆きんとん
金団と書き、財宝という意味があります。 今年も豊かな生活が送れますようにとの願いが込められています。
子持ちわかさぎ甘露煮
公魚(わかさぎ)は霞ケ浦、北浦の一部を治めていた麻生藩が 、将軍家斉公(徳川 11代目)に年貢として治めたことから公儀御用の魚 つまり「公魚」と呼ばれ、祝い膳に使われるようになりました。
羊かん
(木目・いもきん・あずき・かぼちゃ・紫いも)
邪気を払うとされている神様にささげる鏑矢の矢羽根柄を手書きしてあります。
照ごまめ
昔、片口イワシの稚魚を細かく刻み灰と混ぜて田を作る肥料としたことから、
豊作を祈る一品。米を五万と収穫したいとの願いが込められ、五万米(ごまめ)とも書きます。
伊達巻
伊達(粋で目立つこと)という言葉と、巻物に似ていることから、教養や文化が身につくことを願う縁起物という説もあります。
蛤串焼
八大将軍吉宗が蛤を「祝い吸い物」として用いることを奨励したことに始まり、
縁起の良い食べ物として祝い膳にのるようになりました。
栗きんとん
金団と書き、財宝という意味があります。 今年も豊かな生活が送れますようにとの願いが込められています。
鬼がら焼き
川海老を小さい物から順に串刺しにして、子宝が多く授かるようにとの願いが込められています。
蒲鉾
半円形の形が初日ノ出を連想させる縁起の良い一品。
自家製昆布巻き
昆布は昔「広布(ひろめ)」と言われた。ひろめは「広がる」昆布は「喜ぶ」にかけて、福が 授かるとされた欠かせない一品です。
こはだ粟漬
こはだは出世魚の「このしろ」が成魚になる前の名前です。
粟は五穀豊稜を願ったものと防腐効果もあるという事から縁起の良い二品を合わせ、二の重の縁起物として飾られております。

野沢菜
宝暦6年頃、野沢の健命寺の和尚が、京都の天王寺蕪の種子を持ち帰り植えたところ、葉柄、茎丈の大きい不思議な「蕪菜」に成長しました。寒冷地である野沢温泉の気候や風土により徐々に姿を変え、現在の「野沢菜」に生まれ変わりました。

照り焼きほたて
殻の一枚は船のようで、もう一枚は帆のようにし、まるで風に乗って走る帆船のようであることから、帆立貝と呼ばれるようになったそうです。
「順風満帆」や「高砂やこの浦舟に帆をあげて」の夫婦和合にかけて、
また、貝が末広がりで縁起が良いことから用いられるようになりました。
千枚漬
慶応元年に始まったとされている千枚漬けは左京区聖護院特産の一かぶ約1〜5キロもある大きなかぶらを、千枚に分けると言われるほど薄く切るところから名前が付いたそうです。
その大きさだけでなく味も日本一と言われています。
ゆば黄金焼き
禅宗をはじめとするお寺等で参詣客らに出されていた「精進料理」の素材としても馴染み深い湯葉を、今年も一年財に恵まれますようにという願いを込めて黄金焼きに仕上げました。
京漬物
色の白い大根は清らかな生活を願っていただきます。
また、大地に根をはるので、家の土台がしっかりして栄えるとも言われています。
里芋五目うま煮
お煮しめは、家族が仲良くいっしょに結ばれるという意味があります。

牛蒡…黒い牛蒡は、豊作のときに飛んでくるといわれる黒い瑞鳥を表すことから、豊作と1年の息災を願う。

蓮根…仏様のいらっしゃる極楽の池にあるといわれ、汚れのない植物とされています。また根に穴があるので見通しがよいという意味もあります。

里芋…親芋から子芋、孫芋、ひ孫芋と出るので、子孫繁栄の食べ物とされています。

「金平」
江戸時代の浄瑠璃の坂田金平武勇伝の豪傑金平にちなんで,
滋養たっぷりのごぼう料理を「きんぴらごぼう」と呼ぶようになり,
強さと丈夫さを願ってお正月に食します。